エディブルフラワー栽培の楽しさ

エディブルフラワー栽培

家庭菜園を始めたのが、10年ほど前でした。それまでの土いじりは、もっぱら花々を楽しむための物でした。その頃から食用花、いわゆるエディブルフラワーに関心がありました。

わざわざ「食用花」という分野に分けることなく、昔から日本人は菜花やフキノトウ、菊といった植物の花を食していましたし、西洋においても可憐なスミレを砂糖漬けやリキュールに漬けたり、アーティチョークのようなアザミの仲間の蕾も食べていますよね。

 

綺麗な食用菊 カキノモト

 

スミレの砂糖漬け

 

我家のアーティチョークの蕾

 

2年越の栽培

エディブルフラワー栽培を始めるに当たって、専門書を購入して知識を得ました。可憐な小花にも食用にはむかない、危険な植物も数多くあります。中には猛毒をもつ植物もあるからです。

そこで私は、食用花用のタネをネットで買い育てることをしながら、少しずつ種類を増やしています。種を蒔いてから花を咲かせるまでは簡単でも、それをある程度の量まで増やさないと売ることが出来ません。ですから少なくとも2年越しで株を大きくさせながら、また、失敗と成功を繰り返しています。

ようやく、この春からナデシコの花5種類の色が沢山採れるようになりました。ブルーのコーンフラワーの花も素敵な色ですが、朝取りの花がいくつ咲いているかで出荷の数が決まってきます。

 

ブルーのコーンフラワー、ナデシコの花

 

野菜の花もエディブルフラワー

畑に咲いている野菜の花も食用になるものが沢山あります。

白い「クレソン」の花、黄色の「春菊」の花、クリーム色と深い赤のコントラストがシックな「ルッコラ」の花、菊の仲間「エンダイブ」の薄紫の花も食べられます。

これから初夏に向かって育つ「オクラ」の花も綺麗な優しい黄色ですね。このオクラの花の色に私はウットリとします。なぜかな?

 

エンダイブの薄紫は上品な小花 キク科の花・・うなずけますね

 

パック詰めは楽しい作業

ようやく咲き出したコーンフラワーの花をメインにして、ナデシコの花を大量に盛り合わせたパックはとても好評です。日によって春菊の花やルッコラの花なども混ぜて詰め合わせます。

摘み取ったナデシコの色と数を均等に分けながら、組み方を考えます。

この作業はピンセットを使って時間がかかるため、かなりの手間作業です。しかしながら、私はこの時間が楽しくて!綺麗な花々を見ながら、どんな料理を飾るのかな~?と想像しながらパック詰めします。

 

色と数を揃えます

 

ナデシコに、青色が冴えます

 

本日は8パックの出荷

 

初めて春菊も仲間入りしました

 

このパックは280円から300円で買って頂いています。趣味の延長上でありますので、私のエディブルフラワーは安値です。

もちろん有機栽培です。農薬、化学肥料は使いません。

自分たちの身体を作る食は、安心、安全が第一です。そして楽しさ、美しさも私は大事だと思って、一皿一皿を心がけています。

ご存じですか?食用花は栄養価も高いのですって。

これからも徐々に花の種類も増やして、楽しんでいきます。花の種類が増えたら、味の比較や料理の様子もブログでご紹介しますね♪

 

皆様もエディブルフラワーを見かけたら、食卓で楽しんでくださいませ。

 

やさしい味わいの花々

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ