健康オタクの野菜 冬すべりひゆ

「冬スベリヒユ」ご存じですか?

冬スベリヒユは「ウインター パースレイン」と呼ばれ、スベリヒユ科の一年草です。ハート形の葉っぱに小さな可愛らしい白い花が咲き、多肉植物のように少し葉が厚く、柔らかでクセのない味です。

スイス、ドイツ、フランスなどヨーロッパ諸国で冬から春にかけてマーケットで見かける、普段から普通に食べられている野菜です。

日本各地で見られる、夏のスベリヒユとは大きさも形も違い、酸味も少なくシャキッとした葉はサラダに最適ですが、リゾットにしたり、おひたしでも美味しく頂ける野菜ですよ。

我家の畑の隅に昨年の夏に種まきして、1月にはモリモリと育って、草丈20㎝ほどに生長してきました。

小さな花が付いた冬スベリヒユ

 

健康オタクの野菜、冬スベリヒユの栄養素

冬スベリヒユの栄養素は優れていて、「健康オタクの野菜」と言う人もいるくらい。

カロリーが低くて、オメガ3脂肪酸の含有量が多いことが最大の魅力です。オメガ3脂肪酸はコレステロール値や中性脂肪を下げるから成人病予防に嬉しい野菜ですね。

もちろんビタミンA,C,B群もたっぷりで鉄分も・・ということは最強のスーパーフードなのです。

中国ではスベリヒユを薬草にしていて、天然の抗生物質と呼んでいます。主な作用として抗菌作用、消炎作用、解毒作用、利尿作用があるとしています。

アンチエイジングを目指すなら、これはもう、食べるきゃないでしょう!!

これで一株、一回では食べきれません!

冬スベリヒユのレシピ

クセがなく食べやすい野菜ですが、ビタミン類やオメガ3脂肪酸は熱に弱いので、栄養素を逃さず食すには生で食べることが一番です。

ですが、スープ、リゾット、おひたし、ソテー、味噌和えなど・・どんなレシピにも対応が出来る野菜です。

私は加熱はしません。

生のままシンプルに付け合わせ野菜にしたり、他の具材と合わせてサラダにして食べることが好きです。

可愛い葉は、付け合わせにも最適

 

 

冬スベリヒユ、春菊、八朔のトリオサラダは簡単で美味しい

 

私の春サラダのオススメは、冬スベリヒユ、春菊、八朔のトリオサラダです!

オリーブオイルをかけて、春の味を楽しみます。

 

葉物は水気をしっかり切って

 

さっくりと混ぜ合わせて・・どうぞ、お召し上がり下さい♪

 

冬スベリヒユの栽培は超簡単

種は国内でも手に入ります。

7~10月に庭の隅にパラパラと蒔いて薄く土をかけておきます。

葉が混み合ってきたら適度に間引きます。やや冷涼な気候を好み、収穫の目安は種まきから30~45日です。

私はそのままほったらかし状態でした。そのために株が大きく花がついたものもあります。花も食べられますよ。

とても強くて簡単ですので、健康オタクでない方もご興味あればお試しあれ!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です