ゴールデンベリー最悪の収穫

GB花と実

天候不順の影響でGBは最悪

夫が5月から丹精込めて播種し、植栽してきたゴールデンベリー(GB)は今年は最悪の収穫でした。

11月中旬のGBは例年より大粒の美しい姿でしたので、収穫をとても楽しみにしていました。しかし短い秋はGBにとっては致命的でした。収穫といってもゼロに近い状況で落胆。

15年以上も前から育てて楽しんできましたが、今年は春先の天候不順と毎週末に襲った台風や日照不足で、生育に約1ヶ月半の遅れがありました。このようなことは初めてのことです。

例年は溢れるほどの収穫量で、生食もドライフルーツもよく買われました。

ようやく色がつきだした大きなGBを心待ちにしていた私たちですが、今年は秋が短く12月入って直ぐの霜で収穫できないまま終了となってしまいました。

大粒のGB

 

昨年から市内の洋菓子店と提携して、GBのドライフルーツを使ったお菓子を予定していたことから、ほんの僅かなGBしか用意が出来ず、私はため息ばかりの日々・・。

異常気象の昨今、あらためて農業の大変さを感じました。

私はそんな低迷の中、前向きの夫がすでに来年のGB計画を練っています。夫はさすがです♥

来年こそは美しいGBが沢山とれますように。私も前をむかなくっちゃ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ