可憐な野菜の花々

翡翠ナスの花

夏の菜園は野菜の花々で賑やかです。自家栽培を初めてから、あらためて野菜の花の可憐さに気づかされました。

翡翠ナスは、実は翡翠色で加熱しても緑色が残りますので美しい一皿が出来ます。花も日本のナスよりもやや薄い紫色。

 

坊ちゃんカボチャの花

かぼちゃはいろいろな種類が出回ってきましたが、我が家は小さな「坊ちゃんカボチャ」が気に入っています。家族が少なくなりましたので、小さなかぼちゃの方が、余らずに食べ切れて具合が良いからです。

その名前の通りで小ぶりですが、ホクホクした甘みは煮物に、サラダに、ポタージュにと大活躍。

 

赤バジルの花

私はバジルが大好きです。

この赤いバジルは今年初めて種を蒔きました。よく目にするスィートバジルとはまた異なる香りです。

このバジルをビネガーに漬け込むと、赤いビネガーが出来ます。これは香りも色も素敵で酢のものに活躍ですよ。

赤いバジルのビネガー

 

紫色のイタリアインゲンの花

 

黄色のイタリアインゲンの花

イタリアインゲンは緑色だけではなく、紫色や黄色がありますが、これは紫色のインゲンの花です。紫色のインゲンは加熱すると濃い緑色に変わります。

 

子供ピーマンの花

ピーマン類もいろいろあるのですが、最近気に入って育てているのがこの「子供ピーマン」です。花はピーマンとそっくり!なかなかに可愛い花ですよね。このピーマンはピーマン臭が少なくて種ごと料理が出来るため子供にも好評だとか。私も炒めたり煮たり、付け合わせにも最適なので重宝しています。

出荷用の子供ピーマン

 

ロメインレタスの花

可哀想に、私が収穫し損ねたロメインレタスの花です。小さな花がいっぱいつきます。

とうが立ってしまったロメインレタス

 

マクワウリの花

「金太郎」マクワウリの花はカボチャやスイカの花によく似ています。大きな花なので畑でよく目立ちます。

 

スィートバジルの花

パスタやピザのトッピングでよく見かけるバジルの花です。白い花で良い香りがしますよ。

 

ナスの花

一般的な日本の品種のナスの花。お馴染みですが、形も色も素敵ですね。

 

ズッキーニの蕾み

初夏に沢山収穫できたズッキーニです。一般的には地に這うように育てる野菜ですが、私は支柱に一本立てにして収穫します。カボチャの仲間なので、花はカボチャのうり二つ。

 

熟しゴーヤ 花

ゴーヤの花はキュウリとよく似ています。この花はエディブルフラワー(食用花)として食べることが出来ますよ。

エディブルフラワーは最近注目ですね。私も興味津々なのです。

 

オクラ

私が好きな野菜の花ベスト1です。大きな花びらの形が優雅なこと!その淡い黄色も素敵だと思いませんか?コサージュとして胸元に飾りたい私。

でもオクラの花は儚くて、1日で萎んでしまいます。そして滋養のあるオクラの実に変化します。

 

イタリアナス 花

イタリアナスの花は他のナスと比べて大きくて、花びらも多いですね。花びらの色もグラデーションでエレガント。

アーティーチョークの花

蕾のうちに花を収穫して食しますが、今年はタイミングが合わず取り損ねました。朝鮮アザミと言われていて、大きな紫のアザミです。

蒸したアーティチョークをアンチョビソースで頂く

菜園の花々は実りの象徴です!

楽しんで頂けましたか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ