“ベジタブルブーケ”食べるブーケをオードリーにプレゼント♥

心と体は一つ、オードリー・ヘプバーンの美しさ

私は「心、気持ち、感情の使い方」が何事も先だと思っています。その内面の想いが、その人の身体や行動に現れると信じています。

子どものころから大の映画ファンだった私が、晩年のオードリー・ヘプバーンの写真を見たとき、心を揺さぶられる感動を受けました。

口課せない人は「見るに堪えない老醜だ」と言いましたが、私はそうは思いません。

確かに長い時を経て、顔には深い皺が刻まれたかも知れないが、彼女の凛として知的な、でも優しい笑みを湛えたその表情の素敵なこと!

人生の喜怒哀楽を経験して、晩年は社会貢献を担ってきたオードリーに、女優としての憧れよりも、一個人としての生きざまに尊敬の念を覚えます。

私もこのように年齢を重ねたいと強く願います。
美しい皺もあるのですね。深い慈愛を感じる彼女の表情は“心の現れ”そのものなのですもの。

野菜を使って作った“ベジタブルブーケ”をご存じですか?名前を縮めて“ベジブーケ”と呼ばれます。この道のスペシャリストも多くいらっしゃいます。

私は少しだけ本から学んで、自家栽培した野菜を使って自己流に創作します。

大切な方に、その方の健康を考えて野菜のブーケを送ります。旬の野菜を束にして飾って楽しんだ後は料理して味わいます。

トップに掲載のベジブーケは、オレンジ色のミニトマト、オクラ、子供ピーマン、白ナス、カラーピーマン(赤)、唐辛子(赤・緑)を使いました。

ベジブーケは菜園の野菜の顔を見て、ムクムクと創作意欲が湧いたときに。私の楽しみです。

5種類のバジルのみで束ねたベジブーケ 部屋中にフレッシュな香りがあふれます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ