丹波ビーツレシピ:自家栽培ビーツのカレーは最強!

我が家のカレーは2番手の野菜群が競演!

丹波で自家栽培中のビーツ

丹波でビーツを自家栽培して8年ほど経ちました。最初は家庭菜園程度の規模でしたが、このビーツの栄養価に惚れて毎年作り続けています。

栽培していると小ぶりキズあり”2番手”の野菜が出てきます。その野菜をたっぷり使ったカレーが我が家のテーブルに登場します。

ビーツはボルシチだけではなく、カレーにもオススメの食材ですよ。

その日によって野菜群のメンバーは交代があるのですが、本日のピッチャーは”ビーツ”君!

ビーツは抗酸化力が強いスーパーフードです。赤い色がその証拠なのです。

 

畑のビーツ

 

収穫したビーツ

ビーツカレーの選手たちは、個性派揃い

ニンニクは欠かせません。

お肉は無くても良いですが、今回はとり胸肉が参加です。

ビーツは皮をむいて薄くスライスしておきます。

小さなタマネギは切らずに丸のまま登場します。

ジャガイモは”アンデスレッド”という品種で皮は赤紫、中は黄色が濃く、煮崩れが少ないもの。タマネギのサイズに合わせて大ぶりにカット。

ニンジンも大きくカットします。

最後に加えるミニトマトは熱に強いリコピンたっぷりです。

オリーブオイルで炒めながら、ゆっくり加熱します。

個性派の競演

仕上げにビーツケチャップを少々!

 

ビーツケチャップも仕上げに参加します https://tanbanishino.base.shop/

 

赤いビーツカレー完成

 

ビーツカレー赤みがかった色目になります。ビーツの量によってかわります。

一皿で野菜の栄養がいっぱい取り入れられるカレーは、夏の食卓には欠かせませんね。皆様にもごろごろ野菜のビーツカレーをおすすめします!

手作りの”キュウリのキューちゃん”と”エシャレットの酢漬け”を添えていただきます。

我が家はカレーの仕上げに「ビーツケチャップ」を少量加えます♥

ビーツケチャップのことはこちらへ https://tanbanishino.base.shop/

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ