ビーツパウダーの作り方

ビーツパウダーの加工に挑戦!

ビーツの栄養と美しい色をそのままに、パウダーに挑戦です。

 

ビーツは加熱すると、皮がツルッとむけます。色は鮮やかで艶々です。

 

加熱したビーツは美しい色で艶々です

 

スライスします

 

乾燥機で、20時間低温乾燥させます

 

 

パリパリになるまで乾燥します

 

ドライ加工が終了したら、製粉機にかければパウダーの完成です。

 

色の濃さに感動します

 

お試し少量パック(20g)で販売始めました

 

簡単な使い方を書いたメモ付で、直売所や道の駅で販売を始めたところ、次々と売れていきます。

先ずはお試し用にと思い20gの少量パックです。反応が早かったことに嬉しい驚きがありました。ご要望があれば、グラムを増やそうかと考えています。

料理好きやスイーツを手作りする方々には、欲しい材料かも知れませんね。

 

お菓子やパンを手がける知人が、いろいろ試してくれています。

思いがけないプレゼントに、ハッピーな私です♪

 

私の好きなハードパン

 

ビーツパウダー入りパンなんて、おしゃれ~♥

 

ロマンチックな焼菓子(卵白、ビートグラニュー糖、くるみ、ホワイトチョコ、ビーツパウダー、海塩)

 

くるみがアクセントに

ふわっとした焼菓子はとてもお洒落な味です。ギフト用に欲しいイッピンです♥

 

私も目の粗いビーツパウダーを使って、パンに練り込んだり、お団子に入れたり、スープに入れたり・・いろいろと試して遊んでいます。

 

上新粉にチョッピリ混ぜ込んでも、この色の強さに驚きます

 

みたらしのタレをかけて

 

出来上がりのスープや味噌汁にパウダーをパラパラするだけ

 

ビーツパウダーは熱が高いと退色する傾向があります。栄養素はそのままでも退色したら魅力が減りますね。やはりビーツの鮮やかさは残したいもの。

その点、試してみたいのがアイスクリームやプリンなどの冷たいスイーツです。きっと美しい色に仕上がると想像しています。

誰か試してくれないかな~?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ