柿はヨーロッパの共通語

熟し柿は最高!

ご近所さんから大好物の”熟し柿”をいただきました♫

日本人の柿の好みは様々ですね。

夫は固めの柿を好み、息子は青いくらいの柿が好きだって!ホントかな~?

私はなんと言っても”熟し柿”ですけどね。

 

バニラの香りの柿=カキヴァニア

 

柿はヨーロッパの共通語だって!

日本語の「カキ」がヨーロッパの共通語として適用されているなんて知っていましたか?何となく嬉しいのは、私だけ?

イタリア→CACHI

フランス→KAKI

スペイン・ポルトガル→CAQUI

 

天然のデザート「カキヴァニア」。イタリア式でいただきます!

 

イタリアの食べ方は日本とは少し違いますよ

イタリアでは柿の固さを嫌うようです。

完熟して実がゼラチン状に柔らかくなるまで追熟させてからデザート感覚で食すのが一般的らしく、スプーンですくってスィーツとして食べられているようです。

物心ついたころから熟柿を好んでいた私は、自然とスプーンでいただいていました・・ってことは、「私ってば、イタリア式だったんだ~♪」

 

熟柿も段階があるそう

ヨーロッパ人の味覚と嗅覚の表現は、あのワインソムリエのような表現で熟柿を説明します。日本人にはない感覚で驚きますね。

カキヴァニア=バニラの香りの柿

ロト=蓮の香りの柿

カキメーラ=リンゴのような柿

追熟すればするほど柿の栄養価が増すことも知られてます。固い柿で食べては勿体ないのかも知れませんね。

まぁ、お好みで。

 

甘いデザート付きの朝食、しあわせ~♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ